FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕置き12-02 その2

その後、ホテルまで引っ張られながら移動し、
ロビーで受付をしてくださいます。
その間私はお嬢の後ろでフロントから隠れるようにしていました。
すると、私のリードを引っ張ってフロントに向かい
『こんな格好でもかまわないかしら?』
とお尋ねになられます。
困惑しているフロントの方を気にせずに私に向かっても
『お前からもしっかりお願いしないと、そのまま外に放り出されるよ』
とおっしゃいます
わしは
『こんな私ですがよろしくお願いします』
とフロントの方にお願いします。
その時初めて、フロントの方は私が女性ではないと気付かれたようです。
それから、お嬢と私を交互に見ながら、部屋へ案内しえくださいました。
2階の川側の部屋です。
部屋に入るとまず窓を全開にされました。
お昼時の繁華街が窓の外に広がっています。
窓の外は、多くの人が行き来しています。
外の会話がはっきりと聞こえるくらいの距離です。

部屋に入ると早速身体検査です
『そこに座ってスカートをめくりなさい。隠しているものが何か正直におっしゃい』
Image00001_20151222142227021.jpg

そうおっしゃりながら、股間を探り出します。
Image00002_2015122214222986c.jpg
Image00003_20151222142230448.jpg

『お尻を突き出して』
Image00004_20151222142232777.jpg


『まだ、何か隠しているようね。そこに横になりなさい』
とベッドを指して言われます。

ベッドに横になると縄を取り出し、手際よく足を拘束していきます。
全開の窓の手摺に固定していきます。
Image00005_2015122214222692f.jpg
Image00006_2015122214224652a.jpg
Image00007_2015122214224897c.jpg


『もうこれで動くこともできないわね。向かいのビルのオフィスからOLさんがこっちを見てるわよ』

その時は脅かしで言われているのだと思っていましたが、
それは脅かしでもなんでもなく、リアルに見られていました。

お昼休みにオフィスの窓から見えるラブホテルの窓が全開になっているのですから、
当然といえば当然の結果です。

『ほらほら、もっとみんなに見せてあげないと。』
そう言いながら、ストッキングを破りはじめ、股間が露になってきます。
Image00008_201512221422496d5.jpg
Image00009_201512221422514ae.jpg

『こんなにローターをつけて、さっきのコンビニでも音がいっぱい響いていたわよ。どんな気持ちだったの?』
と聞かれました。
私は
『とても恥ずかしかったです』
とお答えすると、
『恥ずかしいと言っているのに、どうしてここはこんなことになってるのかしら』
と股間をまさぐりながら、おっしゃり、そのまま、アナルに指を突っ込まれました。

おもず、
『うっ!!!』
とうなり声をあげてしまいました。

『どうしたの?お尻でも感じる変態ですって言ってごらん』

言われた通り言いますが、何度も声が小さいといいなおさせます。
何度も何度も言い直している間にもアナルへの責めを続けています。
窓の外の声もはっきりと聞こえてきます。
おそらく外へははっきりとは声は伝わっていないのでしょうが、
お嬢は
『窓の外まではっきり響いてるよ。みんなこっちを不思議そうに見上げているわね。
オフィスのお姉さんたちもこっちに向かって写メし始めたわよ』
などと羞恥心を煽りつづけます。

『アナルに何か入っているようだけど、検査しないとね』
とお浣腸の用意をされます。

『今日は、少し多めに入れてあげる。』
と言われたのですが、洗面器にはお湯が半分くらいしか入っていません。
おかしいなと思う間もなく、理由がわかりました。
お嬢のお荷物の中から、グリセリンのボトルが何本も出てきました。
『まずは2本くらいなか』
といい洗面器に惜しげもなくボトルを2本ドボドボドボと注ぎたします。

『しっかり数えるのよ』
とガラス浣腸器をアナルに当てながら言われます。
いつもは100ccか200ccの浣腸器で一気に入れていただくのですが、
今回は50ccの物を使われました。
『1つ』
『2つ』
『3つ』
・・・・・・
順調に挿入されていきます。
『10』
このあたりから、おなかがぐるぐる言い出します。
でもまだ耐えれる程度です
・・・・・・
『15』
『16』
・・・・・・
『20』
約1000cc入りました。
さすがに苦しくなっています。
『お願いします。苦しいです。おトイレに行かせてください』
そう懇願しました、が、実際はまだ少し余裕があったのです。
しかし、そんなことはお嬢はお見通しで
『まだ、半分も入っていないのにおトイレだなんて。ダメに決まってるでしょ。
最後まで全部入れるのよ』
そういいどんどん入れ続けます。
『21』
『22』
・・・・・・・
限界が近づいてきます。
『30』
・・・・・
『もう・・・・ダメです・・・・お願いします』
さすがに限界値だと思いました。
『そう、じゃあ、行ってらっしゃい』
以外にもあっさりお嬢は許してくれました。
しかし、そう甘いものではありませんでした。
『縄を・・・解いてください・・・・』
そう、緊縛されていますのでこのままでは動けません。
『あら、おトイレは行っていいのよ。勝手に行ってらっしゃい。
縄は全部入れてから外してあげるから』
そう悪魔のようなお言葉を投げかけられるのですが、
終始楽しそうに天使のような笑顔を振る注いでくださいます。
その笑顔を見るだけで幸せな気分にさせていただけます。

そうおっしゃうと、容赦なく次々と入れていかれます。
『31』
『32』
・・・・
『40』
もう限界はとっくに超えています。

『よくがんばったわね。あと少し残ってるので大きいので全部入れてあげる』
そういい、200ccの浣腸器を取り出して残りの液を全部入れてくださいました。
最後に空気を200cc挿入して、
『縄をほどいてあげる』
とようやく解放してくださいます。
ゆっくりゆっくりと解きながら

『こんなところでもらしたら、全部なめてっきれいにさせるからね。
もしかして、そうしたかったかしら。。。』

終始笑顔で、私の苦痛にゆがんだ顔を楽しそうに眺めています。

ようやく解放され、立つこともできない私は4つんばいでトイレへ駆け込み

『おゆるしください。。。で・・・出ます』

『お出し。思いっきり叫んでお出しなさい』

そのお許しの声と同時に大量の汚物をぶちまけるのでした。
Image00010_20151222142245ac8.jpg
Image00012_20151222142304ef0.jpg
Image00011_20151222142302136.jpg
Image00015_20151222142301f67.jpg

つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

Secret

No title

はじめまして
記事を全部読ませていただきましたがとても興奮しました!
これからも楽しみにしています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

MみなみM

Author:MみなみM
下着女装と浣腸M男です。
辱められたい
見られたい願望。
最近拡張にも手を出し始めました。

いろいろな変態体験をレポートしてみます。

※これらのストーリーはすべて、私の妄想です。

コメントのこしてくださいね。

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。