FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れちゃった

正月帰省もおわり、再び入院生活にもどって、
おとなしくしていたのだけど、
帰省中から持ち帰ったエイナス9を
夜勤の目を盗んで先ほどトライしてきました

以前は余裕で入りピストンでも平気だったのに
なかなか入りません

少し無理気味に、
しかし前は余裕だったのにという思いも後押しして、
少々強引に突っ込みました

ツルンと入りました

しかし、微かな痛みが。。。

床を見ると、

滴っています


真っ赤な雫が、ポツポツポツポツ

慌てて抜こうとしますが、
焦るとかえって締め付けて抜けません

落ち着いて深呼吸

そーっと力を抜いて、

ズルズル、、、

抜けました
鮮血とともに

ティッシュで押さえても、
血が止まりません

しばらくアナルにティッシュを押し付けて
圧迫止血をするとこ10分くらい

ようやく出血がおさまりました
とりあえず流血は止まったようです
まだ、血は滲んできますが。。。

ボラギノールを中とアナル周りに塗り込んで
一晩様子を見ます

肛門締めることはできてますので、括約筋は無事のようです
少し裂けただけのようです。
そうであって欲しい。。。

あまり無理はしてはいけませんよ

部屋に戻ると看護師さんが見回りに来ていて
これから探しに行こうとしていたところでした

入院中に無茶は禁物でした
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

お仕置き10-15その3

『フロントにいるときから気になってたんだけど、何を隠してるの?』

パンティからコードが何本も出ているのでわからないわけはないのすが、
意地悪く聞いてきます

『それに今日はやけに胸が大きいけどどうしちゃったのかしら?』

そう、本日は
main.jpg
生乳ブラFカップをつけて、巨乳になっていたのです
いつもよりタイトな衣装でおっぱいを強調していました

『そんなにみんな見られたいのなら堂々と見せてあげればいいじゃない』

そういい、窓を全外にしてベッドに横たわるように言われます。
ベッドからは外の川の流れと対岸のオフィス、にぎわっている橋を行きかう人々の姿が
はっきりと見えます

Image00009.jpg
Image00017.jpg

『ほら、向かいのオフィスの人がこっち向いて休憩してるね。大きな声で、【見てください】ってお願いしてみなさい』

『橋の上にもいっぱいるわね。こっち向いて写メしてるじゃない。写ったらどうしよう?』

そんなことを楽しみながらおっしゃいます。
私はほんとに見られたらどうしよいかとハラハラしていたのですが、
お譲の言葉責めに頭の中がもうろうとしてしまいました

さあ、こっちにきておなかの中をきれいにしてあげる。
Image00014.jpg

そういいながら、いちぢくを何度も何度も入れていきます
『1つ2つじゃたりないでしょ。だから今日はたっぷり用意してきたの』
そういい40g10個入りの箱を3箱取り出して見せてくれます。
『重たかったんだから全部飲み込んでもらうから覚悟しててね』
無邪気にニッコリほほ笑む笑顔とは裏腹に
悪魔的な量を想像してぞっとしているにもかかわらず、
私の愚息は大きくなってしまいました

はじめの一箱は一つづつ入れていかれていたのですが、

『多すぎてきりがないわ』

とおっしゃると、残りのいちぢくを全部洗面器に開けてエネマシリンジで注入開始です
その間にもおなかはグルグル。排便を我慢しながら絶えています

Image00022.jpg
Image00011.jpg
Image00012.jpg

『あと少しだけど手が疲れたわ。そのまま我慢して待っててね』

そう言われてお譲は一休みです。

『漏らしたらほんとに廊下に放り出すからね』

いつものとこながらニッコリほほ笑みながら、きついことをおっしゃいます

『もぅ。。。。だめ。。。です。。。。でそ。。。。ぅぅぅ。。。。』

聞こえないのか一向に再開してくれません

いちぢくが1リットルくらい入っています。
開始から10分くらいたっています
普段ならセルフのときだととっくに排泄している量と時間です

しばらくして、

『そろそろ入れようかしら』

とようやく再開してくれました
しかし、もう限界をとっくに超えてしまってましたので
液が入ると同時に少しずつですが漏らしてしまいました
そんなことお構いなしに全部を入れきりました。
これで排せつできると思っていたのですが甘かったです。

『途中でおもらししてたの気付かないとでも思っていたの?』

『罰として窓から大声で【わたしは○歳になってもおもらししてしまう情けないM女です】といいなさい』

といって窓のところへ引きずられて行きました。
その途中でも液を垂れ流すだらしないアナルです

『汚いわね。さぁ、はっきりと言いなさいよ』

Image00015.jpg
Image00016.jpg

『声が小さい』
『聞こえない』
『もう一度』

なんどもなんども言い直しをさせられました。
もう限界。。。というタイミングをきちんとわかっておられるのか、

『これでいいわ。トイレに行きなさい。今度は漏らすと承知しないよ』

とようやく排せつの許可が出ました。

Image00018.jpg
Image00019.jpg

排泄途中で
『出したかったんだろ。出しやすくしてあげる』
そういい、お中をぐりぐりと足蹴にしてくださいます

Image00020.jpg
Image00021.jpg

『出し終わったらこっちに来るんだよ。』

そういい次の責めのう用意をされに行かれました。

つづく。。。

お仕置き10-15その2

あめましておめでとうございます
ご無沙汰しておりました

しばらく体を壊して入院しておりました
年末より大分復調してまいりましたので、
こちらもボチボチ更新していこうかと思います

よろしくお願いいたします

では、さっそく続き。。。
フロントで受付を待っている間も、お嬢は、スカートの中をまさぐりながら、

『いま、何されてるのか言いなさい』

と耳元でささやかれます。
目の前には受付のお兄さんがチェックインの手続きを画面を見ながらしています。
そんなことお構いなしにパンティの中に手を入れて、指をお尻の割れ目に沿って這わせます
私は平静を装っていますが、わずかに顔が紅潮していたのか、息遣いが荒くなってしまっていたのか、
お兄さんが、
『お加減よろしいでしょうか?お薬ご用意いたしましょうか?』
と声をかけてくれます。
さらにお嬢は耳元で
『大丈夫です。気持ちいいだけです、といいなさい』
とささやきます。
ボソボソとつぶやいていると
お嬢は這わせていた指を、アナルに入れてこられました
思わず、

『ひっ』

と、声にならない声を上げてしまいました。

『大丈夫ですか?』

怪訝な顔で心配してくれます。

『大丈夫です。。。ご心配なく』

やっとのことでこれだけ言うと、キーを受け取りました。
エレベータへ移動します

4Fの部屋ですが、お嬢はなぜか最上階の17Fを押しました
そのまま最上階に着きましたが、降りずにエレベータ内で四つんばいになるように言われました
えっ?と思いながらも、言われたとおり四つんばいになりました
そのまま、何もせずに待機です。

実際には数秒のことだと思いますが、10分以上待っていたような気がします。
おもむろにエレベータが下がりだしました
誰かが、下で呼んだのです
お嬢はこれを待っていたのです

『どうする?見られちゃうよ』

私の頭をヒールで踏みながらクスクス笑っています

エレベータが開きました

『降りなさい』

そこは、4Fでした。

『途中で開かなかったわね。よかったのかしら?残念だったのかしら?』

そんなことを言いながら、四つんばいのまま部屋へ行きました

部屋に入るや否やすぐに身体検査です

Image00006.jpg

Image00007.jpg
Image00008.jpg

『今日はいったい何を隠してるんだろうね、たのしみ』

そういいながら、ベットへと移動するのでした

つづく

プロフィール

MみなみM

Author:MみなみM
下着女装と浣腸M男です。
辱められたい
見られたい願望。
最近拡張にも手を出し始めました。

いろいろな変態体験をレポートしてみます。

※これらのストーリーはすべて、私の妄想です。

コメントのこしてくださいね。

FC2カウンター
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。