FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの大量浣腸

表の方が年度末から何かと忙しかったので、なかなか大量浣腸をすることが出来ませんでしたが、先日久しぶりにすることが出来ました。
やっぱり、いちじくでチュポチュポいれる浣腸よりも、イルリで大量に投入するほうが、カ・イ・カ・ンです。
というわけで、今回はセルフ大量浣腸のレポートです。
最近、拡張にもはまっているため、なかなか浣腸に手を出せなかったということもあったのですが、
ふと気がつきました。
拡張と大量浣腸を同時に楽しめないものか?
そこで出た結論が、
s6-01.jpg

s6-02.jpg

イルリのカテーテルにナスビを差し込んで拡張しながら、投入するという手法です。
最大径5cmのなすびにカテーテルを通す穴を開けてみました。
以前は、ビッカーバルーンカテーテルを使っていたこともあるのですが、バルーンが破裂してしまって以来アヌス栓つきのカテーテルは考えていたのですが、中々手に入れることが出来なかったので、あきらめかけていたのですが、最近のナスビ拡張からひらめきました。
これだと、お値段も非常に安く、しかも、お好みのサイズで簡単に作れます。
この道に興味のある方は、ぜひ一度お試しください。
ちなみにイルリも自家製です。
作り方は簡単、ペットボトルのキャップにチューブコネクタ用の管を差し込んで接着するだけです。
チューブはお好みの太さを選んで作れます。
シリコンチューブでも、ホームセンターで購入すれば500円/mくらいで手に入ります。
s6-04.jpg

今回は2リットルの天然水と500mlのグリセリンで行いました。
濃度的には薄すぎるのですが、行き付けの薬局にグリセリン原液が1本しかなかったために、これにて辛抱します。
まずはナスビに十分にワセリンをぬりゆっくりと挿入。
s6-06.jpg

完全に入ったところで、ペットボトルの加工をします。
s6-07.jpg

ペットボトルでイルリを作るときはそのままでは空気をペットの中に送れないので注入できません。
ですから、今回は手軽に出来る方法として、
底に穴を開けました。
s6-08.jpg

キャップの大きいペットボトルだと、キャップに出る穴と空気穴を開けることで対処できるのですが、汎用性にかけるのが難点でした。
底に大きめの穴を開けるのにはもう1つ目的があります。
液が減ったときに補充するためです。

用意が出来たら、チューブのコックをはずして注入開始です。
ドンドン入ってくるのがわかります。
s6-09.jpg

半分くらい入ったところで、グリセリン原液を全部混ぜ込みます。
しかし、すでに腸の中に1リットルの水が入っているし、そこに、濃度30パーセント弱の溶液が入ったところで便意が高まるはずもなく、感じ的には何の変化もなく、ただ量が入っているというだけでした。
チョット失敗しました。
s6-10.jpg
s6-11.jpg

約15分かけて水2リットル、グリセリン500mlを注入します。
さすがに久しぶりの投入とあってグリセリンを加えたあたりから、おなかの張りがきつく感じ始めました。
s6-15.jpg

普段から、メタボなおなかがさらに膨らんでいます。
それでも快楽のために我慢します。
ナスビがあるお陰で結構液漏れを防いでくれております。
しかし、気を抜けば一気に抜け落ちてしまいそうなので、アナルはしぼめて力を入れたままです。
2リットルを越えたあたりから、アナルをしぼめているため腹圧が高くなり液が逆流してきます。
うまく腹圧を調整しながら、全部入れ終わりました。
あとは、一気に放出するだけ。
だったのですが、ここでハブニング。
入れるときは何とか入ったナスビだったのですが、15分くらいアナルの中で、水に浸っていたためか、中々飛び出してくれません。
水でフヤケテ膨張しているのかもしれません。
これはやばいことになってしまったと思いながら気張ります。
当然腹圧も高くなり、逆流。
もう一度、力を抜いて、注入しなおし、コックを閉じてから気張りなおし。
その間もおなかの張りは限界に近いくらいパンパンで焦れば焦るほど苦しくなってきます。
そうこうしているうちになんとか外れてくれました。
後は一気に放出です。
s6-12.jpg

はじめは、透明の水しか出てこないです。
しばらくしてから、ブツがブリブリ出てきます。
おなかを押さえて大腸から搾り出します。
結構奥のほうから搾り出さないといつまでたってもおなかがタプタプした感じが残ります。
時間をかけすぎると、腸から吸収されてしまって、後でおしっこばっかり行きたくなってしまいますので、なるべく迅速に排泄するように心がけます。
約10分くらいですべて排泄できたようです。
ゆるくなったアナルに再びナスビを挿入して拡張を保ちます。
s6-22.jpg
s6-18.jpg

以上今回のレポでした。
次回はグリセリンの濃度と混合のタイミングを考えて再チャレンジしますね。
ではまた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

MみなみM

Author:MみなみM
下着女装と浣腸M男です。
辱められたい
見られたい願望。
最近拡張にも手を出し始めました。

いろいろな変態体験をレポートしてみます。

※これらのストーリーはすべて、私の妄想です。

コメントのこしてくださいね。

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。