FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕置き4-4

廊下に連れ出されてしばらくの放置です。
しかし、幸い???残念なこととに、どなたも、こられませんでした。
他の部屋の中からは女王様の調教の声とMさんの声が漏れてきているのですが、
出てこられる気配はありませんでした。
そうこうしているうちに女王様が戻ってこられました。

『だれかにみれらた?』

『だれもこられませんでした』

『それじゃあ、お仕置きにならないわね。
といっても、誰かに見られてもそれはそれでお仕置きにならないんだけどね』

そういわれるとそのまま首輪を引っ張られて部屋へ戻りました。
そのまま仰向けに寝転ぶようにご命令です。
寝転ぶやいなや、すぐさま、なにやら取り出しています。

『これじゃあ小さすぎるね。』

とおっしゃり太さ3cmくらいのディルドゥを見せてくださいます。
正直それでは小さすぎますが、

『おゆるしください。何でもいうことききますから』

と役になりきって懇願します。
当然許されるはずもなく

『許してくださいばっかりだね。この変態っ!!!』

と唾を吐きかけられながら、さらに太いディルドゥを取り出して、
アナルにズボッ!
o4-51.jpg


『やっぱりこれでも細すぎるようだね。
これはだと日本人のものなら大抵はいるね』

とおっしゃりながら、足でグリグリ突っ込まれます。
手でも激しく抜き差しされます。
みなみのアナルが壊れてしまうのではないかと思うぐらい激しい動きです。
うなり声を上げていると、こんどはそのまま浴室へ行く様にいわれます。
浴槽の床にディルドゥを立てるように言われて

『そのまま、そこにしゃがんで入れなさい』

ゆっくりしゃがんで入れます。と同時に
女王様のブーツがみんみの顔を踏みにじります。
o4-52.jpg


『そのままオナニーしなさい。勝手に逝ったりしたらだめよ』

優しくお言葉をおかけくださいますが、容赦なくブーツは顔をとらえております。
o4-56.jpg

o4-57.jpg


いってしまわないように、でも休めることなく自家発電をしていると、
女王様はブーツと網タイツを脱いで生足で踏んでくださいます。
o4-58.jpg

しかも

『これで滑りがよくなったでしょう』

といって、チン○○に唾までたっぷりと吐きかけてくださいます。
o4-59.jpg

『なんだかもよおしてきちゃった』
o4-60.jpg

そのまま、パンティをめくられ、聖水を浴びせてくださいます。
顔から体中に聖水をたっぷりかけてくださいました。
o4-61.jpg

o4-62.jpg

この状況で逝かないはずがありません。

『逝きそうです』

とお許しを願いましたが、

『勝手に逝くんじゃないよ』

とさらに激しく踏みつけてくださいます。
o4-64.jpg


『もうダメです。お許しください。』

というと同時にお許しもなく果ててしまいました。
o4-66.jpg

o4-67.jpg

それを見て、女王様は怒られるかと思ったのですが、
意外にも(というか期待通り)優しく

『勝手にいってしまうなんてダメね。こんどはもっと我慢できるようにお仕置きしなくちゃね』

とおっしゃられて、本日のお仕置きはおしまいになりました。

時間をかなり超過してしまっていたようなのですが最後まで手を抜かずに
私の性癖を見抜いてアドリブでドンドン責めてこられる。
これだから、私にとっての最高の女王様なのです。

次のお仕置きがとても楽しみです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

お仕置き4-3

チョット間が空いてしまいましたが、お仕置きの続きです。

『まだ奥になにか隠しているんじゃないの?』

と丹念に奥のほうまできゅうりで調べてもらいました。
o4-33.jpg

その間にもチン○○と乳首にはローターが取り付けられております。
o4-34.jpg

『一本じゃわからないわね』

とおっしゃると2本目のきゅうりをねじ込んでこられました。

突然の出来事に(といっても予想は出来たのですが・・・)アナルは一気に収縮しております。
o4-35.jpg

それを見て女王さまは

『やっぱり何か隠してるんだね。正直に白状しないと痛い目にあうわよ』

おもむろに取り出したものは

スタンガンです。
o4-36.jpg

『これでここを攻めたらどうなるかしら・・・』
o4-45.jpg


やさしい笑みを浮かべながら、しかし厳しい責めをいつもしてくださいます。
実際にはしないと事はわかっているのですが、恐怖が走ります。
(後で聞いた話ですが、責め道具はまず自分で試してからM男に使われるそうです。つまり、実際にはしないと思っていたのは大きな間違いなのでした。)

拷問を楽しまれております。
私がいっこうに白状しないものですから、
今度は、拳銃をとりだして
(もちろんBB弾ですよ)
o4-41.jpg


アナルに差し込みます。
o4-37.jpg


『ここで打ったら腸がやぶれるかしら・・・』
o4-43.jpg

いつも笑顔で優しいお言葉で攻められます。
ここでも、私は実際には撃つはずがないと思っていたのですが、これも、少々甘かったようです。
結果的には撃たれなかったのですが・・・
『白状しないようなので無理にでも調べてみましょう』
とおっしゃると、先がバルーンになっているアナル拡張ようのバイブを取り出されました。
一気に挿入です。
o4-38.jpg

空気をドントン入れていかれケッコウな大きさになったところで、奥のほうを調べていきます。
と思ったら、今度は膨らんだままで、抜いてしまわれます。
このサイズのものならそのまま抜けるようになってしまいました。
o4-39.jpg

ふたたびキュウリと指で中を調べていきます。
フィストまでは程遠く、指4本が精一杯見たいです。
o4-40.jpg

ひととおり調べられて、

『どうやら本当に隠していないようだね』

といわれ、ようやく解放です。
少々放心状態です。
チン○○には相変わらずローターがブーンブーンうなっております。
o4-46.jpg

解放されたと思ったのは間違いでした。
ここまでは、取調べで、これからがお仕置きの始まりです。
手際よくみなみの体を縛り上げていきます。
o4-47.jpg

そのまま、廊下へだされて、

『みんなに変態の姿を見てもらいに行きましょう』

といわれ廊下にでます。

『ちょっとこのまま、待ってるのよ。逃げれるものなら逃げてもかまわないけど。。。』

といわれてエレベータでどこかへ行かれてしまわれました。
しばしの放置プレイです。
o4-49.jpg


つづく

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

大量浣腸

お仕置きレポートの途中ですが、
大量浣腸報告です。
久しぶりにやってきました。
といってもセルフなのですが、、、
最近拡張に手を出していたので、本命の浣腸の方がおろそかになっていました。
反省。。。

とりあえず、手製のイルリ(南アル○ス天然水のペットボトル)とグリセリン原液2本をたずさえて、例の多目的トイレへ。

今回は長丁場になりそうなので、ポータブルのDVDプレイヤーも持参です。なににつかうのかって?
イルリでの浣腸もしくは洗腸をしたことがある方はわかると思いますが、結構注入に時間がかかります。というか、かけないで早く入れてしまうと結構やばい。血圧降下など、いろいろ大変なことになってしまうのです。
ですから、注入の間の時間つぶしというか、、、
以前なんどかお世話になっている大阪南の医療プレイ専門店でのプレイ風景を録画してもらったものを再生しながら、一人で妄想の世界に入るためです。
これだけ用意したのに、うっかりなことにデジカメを忘れてしまった。
まさか、このためだけに、新しいデジカメを購入するのもなんだし、
今回は撮影なしです。

で、まずは、セッティング。
イルリにお湯1000とグリ2本を入れて撹拌。
それを荷物賭けのフックに吊り下げます。
トイレに座ってカテーテルをアナルにブスリ。
みなみの場合は結構おくまで入れます。
15号のカテーテルをほぼ全部入れてしまいます。
20cmから30cmくらいですね。
便秘気味なひとだと、カテーテルがブツにあたってつっかえるか穴が詰まってしまうのでしょうが、みなみは快便&軟便なので大丈夫。
問題はS字のカーブをうまくクリアできるかです。
何度か抜き差ししながら、奥へ進みます。
ここまでの所要時間役10分。
これから液の注入です。
1500をだいたい15分くらいかけて入れます。
500を超えたところで猛烈に排泄感が高まります。
50%のグリ液が500はいって5・6分経つわけですから。。。
ビデオではちょうど看護婦さんが、きびしく

『まだ我慢しなさい。ここでだしたらまたはじめからやり直しだからね。』

とおっしゃっております。

いつもだいたい700を越えたあたりでいったん速度を緩めておなかの中を慣らします。
苦しさと戦いながら。。。
しかし、1分くらい慣らしていると、残りの液は案外スムーズに入っていきます。
さすがにグリ50%ですと1500が限界です。
以前に2000入れたことがあるのですが、貧血で倒れそうになっただけではすまず、血便まで出る羽目にあいました。
あの時は本当に死んでしまうのではと思ったくらいです。
ですから、1500以上はチャレンジしないです。

ここでいったん止めてカテーテルを抜きます。
予想通り便はついていません。
ビデオがひと段落するまで我慢です。
もちろん、妄想の中では女王様に我慢させられております。

『勝手に出すんじゃないよ。出したら今度は原液を2000入れて栓をして放り出してやるからね』

しかし、セルフの悲しいところは、妄想をいくら膨らませても、実際には自分の意思で我慢していることです。
つまり、我慢の限界を超えることはできません。

あっけなく、排泄。

5回ぐらいに分けて排泄されていきます。

全部出したつもりでも奥のほうではグルグル言っているような気がします。
落ち着いたころに残りの液にお湯を1500いれて、ふたたび注入。
このままではシブリがのこってしまいますので、洗浄をしておきます。
やはり700を越えるあたりで苦しくなりますがこらえて全部入れてしまいます。
2000では少々物足りないので、追加でもう1000入れてみます。
しかし、500ほどで限界です。

一気に放出。。。。


しばらく放心状態で、ビデオだけが流れています。

後片付けをしてトイレを後にします。

以上でおしまい。

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

お仕置き4-2

廊下に連れ出されたときに、なにやらTバックの中に仕込んでいることが、バレたようです。
とゆうか、はじめからローターのコードが出ているのでわかっていることなのですが、
そこは、女王様の進行上手なところです。

『まだ、盗んだものを隠しているの?』
『全部だしました。』
『うそおっしゃい。この紐は何かしら?隠したってすぐにばれるんだからね。』

と、おっしゃいすぐさま部屋へ逆戻り。
足をつられて手も縛られて身動きが取れません。

o4-23.jpg

『証拠写真を撮っておかなくちゃ』
o4-24.jpg

『まだまだ、隠しているものがあるみたいだけど、今のうちに白状しないと痛い目にあうよ』
というやいなや、チン○○になにやら巻き始めました。
内側にとげとげのある皮です。

o4-25.jpg

『勃起したら、食い込むだけだよ。怖がらなくても、反省しているのなら大きくなるはずないでしょ。』
『大きくしたら今度はこっちをつけるからね』
とさらに針の太くて長くて3方向から刺さる物を用意されます。

o4-27.jpg

o4-28.jpg

恐怖で勃起どころではありません。
みっともなくも縮みあがってしまいました。
o4-29.jpg

『それでは、いったい何を隠しているのか調べさせてもらうよ』
o4-30.jpg

まずはローターが一つ出てきます。
しかしそれだけだではありません。
おくに何か詰まっています。
女王様は慎重にそれを引き抜きます。

『こんなものを隠していたの』
o4-31.jpg

とあきれ気味に抜き取られたのは、太さ5cm長さ12smくらいのなすびです。
これくらいのものなら、直腸の中に完全にしまいこむことが出来るようになっています。
o4-32.jpg

『まだ奥になにか隠しているんじゃないの?調べてあげる』
というや、きゅうりをお尻に突き刺します。
半分以上刺さったところで、抜きさし抜きさしをして奥のほうを丹念にしらべていきます。

つづく。

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

お仕置き4-1

2ヶ月ぶりのお仕置きに行ってまいりました。
今回は、スーパーに万引きに入って捕まりました。

今日のコスチュームは、黒のレースのキャミとガーターベルトに網タイツ。
赤のワンポイントリボンがついているTバックスタイルです。
o4-18.jpg

さっそく、女王様のご命令で隣の部屋の変態さんに遭遇です。
お隣の女王様は某スレでバッシングされている人気の美人女王様です。

話は、それますが、私はこの女王様は実際生で拝見しましたところ、とても素敵な方だと思います。
人気のわけがわかったように思います。
もちろん、私のオキニの女王様が一番なのですけど・・・

で、本題。
お隣さんは雁字搦めに緊縛されております。

『フェラしないと、警察に突き出すよ』

ほぼ2人の女王様が同時に言われます。
イヤイヤをしていると、

『フェラさせてください。とお願いしないと警察だよ』

屈辱感をたっぷり味わいながらの言葉攻めのおかげで、わたしのチン○○もギンギンになってきました。
屈服して、強制フェラです。

o4-19.jpg

o4-20.jpg

正直、これはもっとも苦手な部類に入ります。
しかし、女王様が喜んでおられるので、我慢して咥えます。

いやいやしていることがバレバレなので次なるお仕置きに向けて反省させられております。
チン○○にはローターを装着されて、

『勃起したらお仕置きだからね。』

と、言われて、そのまま放置プレイになりました。

o4-21.jpg

しかし、この状況で勃起しないほうが異常です。
案の定、女王様が戻ってこられたころには、またもやギンギンになっております。

o4-22.jpg


『お仕置きだね。』

といわれてそのまま廊下へ連れ出されました。

つづく。

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

MみなみM

Author:MみなみM
下着女装と浣腸M男です。
辱められたい
見られたい願望。
最近拡張にも手を出し始めました。

いろいろな変態体験をレポートしてみます。

※これらのストーリーはすべて、私の妄想です。

コメントのこしてくださいね。

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。