FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初の職場浣腸

皆様、あけましておめでとうございます。
今年、初の職場浣腸。
例によっていちぢくを4つばかりを取り出していそいそとトイレへ
4つとも一気に入れてみました。
40×4程度だとたいして苦痛を伴わない。そのまま、服を直してトイレを後に。。。
デスクで仕事を続けようとしたのですが、そのころになってようやく効いてくる。
あわてて、トイレに逆戻り。
しかし、個室が使用中。。。
待っているだけの余裕はありそうだったのですが、
下の階のトイレへ移動。
こちらは空いていましたので一安心。
中に入るが、先ほど上の階で待たなかったことが、心の片隅を責めている。
罰として、ケータイでmixi開いて、マイミクさんを一通り訪問するまで我慢することに決めました。
おきにの女王様に命令されているところを想像しながら、一人ずつ訪問。
足跡はつけてません。つける余裕がなくなっています。
最後の一人、といっても高々9人ですが、を訪問するまでなんとか我慢できました。
女王様に
『だしてもいいよ』と優しくお許しをいただく妄想の中
一気に排泄。



しばらく、トイレの中で放心状態。

その後、何事もなかったかのように仕事に戻りました。
トイレに臭いだけを残したまま。。。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

○○電気のトイレにて。。。

久しぶりに、大手電気店の多目的トイレでセルフ浣腸をしてきました。
PICT0001.jpg
PICT0002.jpg

みなみ愛用の40gディスポです。

今回は浣腸だけではなく、異物挿入もしました。

昨年切れてから、少々避けてきた拡張に再度臨みます。
今までの最高記録は径5cmなので、
リハビリとしては径4.5cmのなすびを選びました。
PICT0004.jpg


とりあえず全裸になり記念写真
PICT0005.jpg

入念に浣腸をし腸を空っぽにしてから
なすびにボラ○ノールをたっぷり塗ります。

浣腸でほぐれたアナルですが、久しぶりの異物になかなか、
入ってくれません。

扉の外では電気屋さんのテーマソングが流れています。

悪戦苦闘しているときに、突然、扉をノック、、、というより
激しく

ドンドンドン。

いまのこの状態で扉を破られると人生終わってしまいます。
静かに無視をしているとどこかにいってしまったようです。
少しあせりましたが、反面、驚いた拍子になすびがするっと挿入されました。
PICT0007.jpg
PICT0008.jpg
PICT0009.jpg
一度入ると後は楽勝。
出し入れしながら中外をほぐす余裕さえありました。

写真撮影に夢中になっていると、括約筋が緩んで落としてしまうという粗相をしてしまいました。
PICT0011.jpg

排泄物に混じって血液が見られます。
一瞬悪夢がよみがえってきたのですが、幸い切れていませんでした。

『なんてしまりのないケツの穴なんだ』

という女王様のお叱りの言葉を想像しながら、
罰として、残りの浣腸を全部(40g×6個)いれて、店内を一周回ってから、トイレに戻りました。
なすびで広がったせいか、液を少々もらしてしまっていました。
大惨事にならなくてよかったです。
次回はゴーヤでもいれてみようかな。

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

セルフ浣腸&拡張

大阪郊外の某○マダ電○の多目的トイレにて。

先日のなすび(推定4.5cm径)は比較的スムーズに挿入することができたので、今回はもう少し太くて硬い。。。。
バナナとにんじんにしました。
s2-2.jpg

結論から言いますと、全部入れることはしませんでした。
バナナは熟れていたために半分くらい入ったところで崩壊してしまいました。
にんじんは冷たすぎて、肛門付近の感覚がなくなってしまいましたので、無理なのか余裕があるのかわからなくなりましたので、途中棄権という形になってしまいました。

では詳細について

とりあえず、全裸になって記念写真。
s2-1.jpg

いつもの愛用のディスポで入念に浣腸。
s2-3.jpg

40g×2を3回します。
s2-4.jpg

1回当たり5~10分くらい我慢しますので、浣腸だけで20分くらいトイレにこもっていることになります。
時間もお昼まわったくらいなので、店にもお客はほとんどいません。
もちろん多目的トイレを利用する人もほとんどいません。
安心して取り組むことができます。
排泄物の色も透明に近くなってきたのでいよいよ異物挿入です。
まずはバナナから。

皮をむいたものは余裕で入りそうなので、皮のまま入れてみます。
太さは4cmぐらいでしょう。
浣腸でほぐれているだろうと、何も塗らずに突っ込んでみました。
実はこれが失敗の元でした。
意外というか当然というか、抵抗が強く先が少しめり込んだところでバナナが中折れしてしまいました。
あわてて、反対側にボラ○ノールを塗ってやり直し。
今度はスムーズに入れることができたのですが、なにぶん、中折れしているため、
そこから先はぐちゅぐちゅヌメヌメと崩壊の一途をたどるのみでした。
手もどろどろのため、撮影どころではなく、事後の写真のみになりました。
s2-5.jpg
s2-6.jpg


気を取り直してにんじんに挑戦。
太さはmax5cmoverってところでしょう。
未知の世界です。
今度はボラ○ノールをたっぷりと塗って細いほうから挿入。
肛門にあてがった瞬間にヒヤリと冷たいにんじんに縮みあがります。
s2-7.jpg

それでもドンドン突っ込んでいきますと、8分がたはいったあたりで肛門の感覚がありません。
きついのかどうかまったく感じなくなるほどにんじんは冷たかったです。
s2-9.jpg

無理にいれてまた切ってはしゃれにならないしと思い、
今回はここまでにしました。
s2-11.jpg


今度は、バナナは青いものを、にんじんはレンジでチンしてから、再チャレンジしてみます。
てゆうか、今日これから、やりにいくのですが。。。

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

大量浣腸

お仕置きレポートの途中ですが、
大量浣腸報告です。
久しぶりにやってきました。
といってもセルフなのですが、、、
最近拡張に手を出していたので、本命の浣腸の方がおろそかになっていました。
反省。。。

とりあえず、手製のイルリ(南アル○ス天然水のペットボトル)とグリセリン原液2本をたずさえて、例の多目的トイレへ。

今回は長丁場になりそうなので、ポータブルのDVDプレイヤーも持参です。なににつかうのかって?
イルリでの浣腸もしくは洗腸をしたことがある方はわかると思いますが、結構注入に時間がかかります。というか、かけないで早く入れてしまうと結構やばい。血圧降下など、いろいろ大変なことになってしまうのです。
ですから、注入の間の時間つぶしというか、、、
以前なんどかお世話になっている大阪南の医療プレイ専門店でのプレイ風景を録画してもらったものを再生しながら、一人で妄想の世界に入るためです。
これだけ用意したのに、うっかりなことにデジカメを忘れてしまった。
まさか、このためだけに、新しいデジカメを購入するのもなんだし、
今回は撮影なしです。

で、まずは、セッティング。
イルリにお湯1000とグリ2本を入れて撹拌。
それを荷物賭けのフックに吊り下げます。
トイレに座ってカテーテルをアナルにブスリ。
みなみの場合は結構おくまで入れます。
15号のカテーテルをほぼ全部入れてしまいます。
20cmから30cmくらいですね。
便秘気味なひとだと、カテーテルがブツにあたってつっかえるか穴が詰まってしまうのでしょうが、みなみは快便&軟便なので大丈夫。
問題はS字のカーブをうまくクリアできるかです。
何度か抜き差ししながら、奥へ進みます。
ここまでの所要時間役10分。
これから液の注入です。
1500をだいたい15分くらいかけて入れます。
500を超えたところで猛烈に排泄感が高まります。
50%のグリ液が500はいって5・6分経つわけですから。。。
ビデオではちょうど看護婦さんが、きびしく

『まだ我慢しなさい。ここでだしたらまたはじめからやり直しだからね。』

とおっしゃっております。

いつもだいたい700を越えたあたりでいったん速度を緩めておなかの中を慣らします。
苦しさと戦いながら。。。
しかし、1分くらい慣らしていると、残りの液は案外スムーズに入っていきます。
さすがにグリ50%ですと1500が限界です。
以前に2000入れたことがあるのですが、貧血で倒れそうになっただけではすまず、血便まで出る羽目にあいました。
あの時は本当に死んでしまうのではと思ったくらいです。
ですから、1500以上はチャレンジしないです。

ここでいったん止めてカテーテルを抜きます。
予想通り便はついていません。
ビデオがひと段落するまで我慢です。
もちろん、妄想の中では女王様に我慢させられております。

『勝手に出すんじゃないよ。出したら今度は原液を2000入れて栓をして放り出してやるからね』

しかし、セルフの悲しいところは、妄想をいくら膨らませても、実際には自分の意思で我慢していることです。
つまり、我慢の限界を超えることはできません。

あっけなく、排泄。

5回ぐらいに分けて排泄されていきます。

全部出したつもりでも奥のほうではグルグル言っているような気がします。
落ち着いたころに残りの液にお湯を1500いれて、ふたたび注入。
このままではシブリがのこってしまいますので、洗浄をしておきます。
やはり700を越えるあたりで苦しくなりますがこらえて全部入れてしまいます。
2000では少々物足りないので、追加でもう1000入れてみます。
しかし、500ほどで限界です。

一気に放出。。。。


しばらく放心状態で、ビデオだけが流れています。

後片付けをしてトイレを後にします。

以上でおしまい。

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

久しぶりの大量浣腸

表の方が年度末から何かと忙しかったので、なかなか大量浣腸をすることが出来ませんでしたが、先日久しぶりにすることが出来ました。
やっぱり、いちじくでチュポチュポいれる浣腸よりも、イルリで大量に投入するほうが、カ・イ・カ・ンです。
というわけで、今回はセルフ大量浣腸のレポートです。
最近、拡張にもはまっているため、なかなか浣腸に手を出せなかったということもあったのですが、
ふと気がつきました。
拡張と大量浣腸を同時に楽しめないものか?
そこで出た結論が、
s6-01.jpg

s6-02.jpg

イルリのカテーテルにナスビを差し込んで拡張しながら、投入するという手法です。
最大径5cmのなすびにカテーテルを通す穴を開けてみました。
以前は、ビッカーバルーンカテーテルを使っていたこともあるのですが、バルーンが破裂してしまって以来アヌス栓つきのカテーテルは考えていたのですが、中々手に入れることが出来なかったので、あきらめかけていたのですが、最近のナスビ拡張からひらめきました。
これだと、お値段も非常に安く、しかも、お好みのサイズで簡単に作れます。
この道に興味のある方は、ぜひ一度お試しください。
ちなみにイルリも自家製です。
作り方は簡単、ペットボトルのキャップにチューブコネクタ用の管を差し込んで接着するだけです。
チューブはお好みの太さを選んで作れます。
シリコンチューブでも、ホームセンターで購入すれば500円/mくらいで手に入ります。
s6-04.jpg

今回は2リットルの天然水と500mlのグリセリンで行いました。
濃度的には薄すぎるのですが、行き付けの薬局にグリセリン原液が1本しかなかったために、これにて辛抱します。
まずはナスビに十分にワセリンをぬりゆっくりと挿入。
s6-06.jpg

完全に入ったところで、ペットボトルの加工をします。
s6-07.jpg

ペットボトルでイルリを作るときはそのままでは空気をペットの中に送れないので注入できません。
ですから、今回は手軽に出来る方法として、
底に穴を開けました。
s6-08.jpg

キャップの大きいペットボトルだと、キャップに出る穴と空気穴を開けることで対処できるのですが、汎用性にかけるのが難点でした。
底に大きめの穴を開けるのにはもう1つ目的があります。
液が減ったときに補充するためです。

用意が出来たら、チューブのコックをはずして注入開始です。
ドンドン入ってくるのがわかります。
s6-09.jpg

半分くらい入ったところで、グリセリン原液を全部混ぜ込みます。
しかし、すでに腸の中に1リットルの水が入っているし、そこに、濃度30パーセント弱の溶液が入ったところで便意が高まるはずもなく、感じ的には何の変化もなく、ただ量が入っているというだけでした。
チョット失敗しました。
s6-10.jpg
s6-11.jpg

約15分かけて水2リットル、グリセリン500mlを注入します。
さすがに久しぶりの投入とあってグリセリンを加えたあたりから、おなかの張りがきつく感じ始めました。
s6-15.jpg

普段から、メタボなおなかがさらに膨らんでいます。
それでも快楽のために我慢します。
ナスビがあるお陰で結構液漏れを防いでくれております。
しかし、気を抜けば一気に抜け落ちてしまいそうなので、アナルはしぼめて力を入れたままです。
2リットルを越えたあたりから、アナルをしぼめているため腹圧が高くなり液が逆流してきます。
うまく腹圧を調整しながら、全部入れ終わりました。
あとは、一気に放出するだけ。
だったのですが、ここでハブニング。
入れるときは何とか入ったナスビだったのですが、15分くらいアナルの中で、水に浸っていたためか、中々飛び出してくれません。
水でフヤケテ膨張しているのかもしれません。
これはやばいことになってしまったと思いながら気張ります。
当然腹圧も高くなり、逆流。
もう一度、力を抜いて、注入しなおし、コックを閉じてから気張りなおし。
その間もおなかの張りは限界に近いくらいパンパンで焦れば焦るほど苦しくなってきます。
そうこうしているうちになんとか外れてくれました。
後は一気に放出です。
s6-12.jpg

はじめは、透明の水しか出てこないです。
しばらくしてから、ブツがブリブリ出てきます。
おなかを押さえて大腸から搾り出します。
結構奥のほうから搾り出さないといつまでたってもおなかがタプタプした感じが残ります。
時間をかけすぎると、腸から吸収されてしまって、後でおしっこばっかり行きたくなってしまいますので、なるべく迅速に排泄するように心がけます。
約10分くらいですべて排泄できたようです。
ゆるくなったアナルに再びナスビを挿入して拡張を保ちます。
s6-22.jpg
s6-18.jpg

以上今回のレポでした。
次回はグリセリンの濃度と混合のタイミングを考えて再チャレンジしますね。
ではまた。

テーマ : 背徳のアナル浣腸日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

MみなみM

Author:MみなみM
下着女装と浣腸M男です。
辱められたい
見られたい願望。
最近拡張にも手を出し始めました。

いろいろな変態体験をレポートしてみます。

※これらのストーリーはすべて、私の妄想です。

コメントのこしてくださいね。

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。