FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕置き10−26その3

すこし体調を崩していたという言い訳でしばらく放置していました。
かなり日が空いたのですが続きを書かせて頂きます。

自ら汚したヒールをお清めしているとき

『お前を可愛がってくれるものなんだから、こっちも綺麗にしなきゃね・・・』

そうおっしゃい、極太のバイブを口に突っ込まれ、喉の奥までグリグリと押し込まれます
DSCN2450.jpg 
DSCN2449.jpg

咽せていると、

『最近使っていないってほんとなのかしら?下のお口はこんなにガバガバなのに?』

とアナルにも突っ込まれかき回されます。
DSCN2451.jpg 
突然のことに、思わず、
『あぁぁぁ・・・』
と声を漏らしてしまいました。

『あら、こんなので感じてしまうの?じゃあ、これならどうなるのかしら?』

と、咥えて清めていた極太バイブをそのままアナルに突っ込んでくださいます。
DSCN2452.jpg

『なに勝手に感じちゃってるのかしら?Mの自覚が足りないのね。忘れないようにこうしてあげる』

 DSCN2453.jpgDSCN2454.jpg
とロウで飾ってくださいます。

『いつもは低温でするんだけど、お前にはそんなのでは物足りないと思ってね。ふふふ・・・』
高温の滴が、初めは衣服の上に、徐々に、衣服から外れて、
私の粗末な一物へと・・・

『ぎゃぁぁぁ・・・・』

悲鳴をあげてしまっても聞こえないふりをし、騒がしい口をビンタで塞ぎ、熱ロウを注ぎ続けてくださいます。

『これで綺麗になったわ。』
粗末なものが余計に縮こまって型取りられ、とても惨めな思いをしているのを
お嬢は本当に楽しそうに眺めています。

『そろそろ後ろの穴も検査しないとね』
四つん這いになるように言われそのままあなるをお嬢に向けます。

『相変わらす汚いけつまんこね』
わざと汚い言葉遣いで、私のマゾ心をさらに燃やしてくださいます。
DSCN2455.jpg
DSCN2456.jpg

『使っていないって言ってる割には、やっぱりガバガバなのはどうしてなのかしら?』
本当にしばらくぶりだったのですが、極太バイブをいとも簡単に飲み込んでしまい、自分でも驚いていると

『こんなのじゃ物足りないでしょ?お前のけつまんこは』
と言いながら、バイブを突っ込んだまま、指を入れてくださいます。
DSCN2457.jpg
DSCN2458.jpg

『痛かったら痛いって言ってもいいのよ。でもそこでお終いにするからね。うふふふふ・・・・』

本当に楽しそうにアナルで遊んでくださいます。
私が絶対に根を上げないことをよく知っておられます。
本当はとても痛かったのですが、久しぶりのお仕置きをずっと続けて頂きたかったので
我慢し続けていました。

後で聞きましたが、お嬢はきちんとわたしの限界を見極めながら、限界ギリギリをせめてくださっていたのです。
さすがはお嬢です。

『こんな程度じゃ全然満足しないようね。じゃあこっちならどうかしら?』
お腹の上に、明らかにわたしの粗末なものの数倍はあるディルドを乗せて、
DSCN2459.jpg
DSCN2460.jpg

『ほら、これをどうしてほしいのか言ってみなさい』


しばらく、モジモジとしていると、
『そう、いらないのね。じゃあ、しまっておこうかしら?』
しまう気など毛頭ないのでしょうが、わたしがグズグズしているのを、イライラすることもなく
羞恥を引き出してくださいます。

『アナルに突っ込んでください』

ようやく消え入るような声でお願いできました。
しかし、当然のように
『何か言ったのかしら?いらないようね。じゃあこれでおしまいね・・・・』
そうおっしゃって、片付けようとされます。
『も・・・申し訳ありません。その大きなオチンポ様をあなるに突っ込んでかき回してください』
思わず、大声で叫んでしまいました。
『そう、やればできるじゃない。初めから大きな声でお願いしなさいね。今くらいの声なら、お外の人にも聞こえたかしら?』
お嬢はわたしに気づかれないように窓を全開にしていたのです。

『もう一回、今度はお外の人に向かってお願いしなさい。誰かが振り返ってくれたら考えてあげるわ』
窓際に連れて行かれ、上半身をあらわにしながら、叫びました。
3度目に下を歩いていたカップルが振り返ったかのように見えました。
それで、お嬢はようやく許してくださいました。
『よく頑張ったわね。ご褒美よ・・・ふふふ』
アナルに電マ付きの極太バイブを突っ込んでくださいます。
DSCN2461.jpgDSCN2462.jpg

そのまま震動マックスで奥までかき回して下さいます。

DSCN2463.jpgDSCN2464.jpgDSCN2465.jpg

『ああああああぁぁぁああぁぁぁあああぁぁぁああああぁぁぁ・・・・イグゥウゥウゥウゥ・・・』
奥の方でディルドが何かを壊していきます。

勃起はしていなかったと思うのですが、果ててしまいました。
初めてアナルで、アナルだけで行くことができました。
ディルドがS字の入り口を通りぬけた感覚と同時に果ててしまったような気がします。
本当のところはどうだったのかわかりませんが、わたしにはそう感じました。

ヒクヒクと女の子が言ってしまった後のようにまどろんでいると

『よく頑張ったわね。。。。』

そう優しくおっしゃって下さい、

わたしの顔の上に跨り

虚ろなトランス状態の口をめがけて

『ほら、こぼすんじゃないわよ』

そうおっしゃいながら、ご褒美をいただくのでした。
DSCN2466.jpg

おしまい
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

お仕置き10−26その2

しばらくして、洗面器にお湯をたっぷりとためてお嬢が戻ってきました。


『さぁ、検査しなきゃね。お前はいつも嘘ばっかりだから』

DSCN2441.jpg 



『今日は久し振りだから、どれだけはいるのかしら?』



そういいながら、2000ccのイルリガートルでどんどん入れて行きます。



『あら、あっというまに1000まで入っちゃったわね。久し振りなのにどうしてこんなにスムーズに入っちゃうのかしら?やっぱり私に会いに来ない間に他の女王様の所に行って調教されていたんでしょう?正直に言いなさい』



『そんなことはありません。ど、、どこにも行っていません。』



嘘を付いてしまいました。でもそんな嘘はお見通しのようです。



パーーン!!



いきなりビンタが飛んできました。

今までビンタなどの痛い事はNGで一度もされた事がなかったので

凄く衝撃でした。



すこし狼狽えていると、



パンパンパン・・・



何度も何度も何度も打たれます。



『本当のことをいいなさい。そんな見え透いた嘘付いたって身体は正直なのよ』



かつてお嬢と出会う前にいろいろな女王様のお世話になって来たのですが、

そのときどうしても、ビンタをされると冷めてしまった経験があるのでNGにさせて貰っていたのですが、

このときのビンタは、自分でも驚いているのですが、股間の愚息が反応してしまったのです。



『あら?嫌いなビンタされているのにどうしてこんなことになってるのかしら?』



お嬢は見抜いていたのです。私も気づいていないビンタによる凌辱が効果的な事を。

だから敢えてNGの事をドンドン下さっています。

これも後で聞いたのですが、待ち合わせのときのビンタの反応で行けると思ったそうです。

先ほどの最初の一発で確信されたそうです。



ビンタで感じると



今更ながら、素敵なお嬢と改めてお使えしようと思うのです。



股間の愚息を弄びながらも液はドンドン追加されていきます。



『後すこしね』



そういい、私を放置します。

しばらくして戻ってきました。

後ろで何をされているのか、わからないまま、



『正直に言わないのは、本当はモノたりないからなんでしょ?』



そういい、グリセリンのボトルを原液のまま追加されます。



『これくらい平気よね。もしお漏らししたら、ベロで掃除させるからね。。。ウフフフ。。。』



もう限界だった所にさらに原液を追加されて我慢できないと思いました。

でも、お嬢が楽しそうにしているのを感じ、脂汗を流しながらも必死で耐えました。

これも後で知ったのですが、原液のボトルを追加したと思っていたのですが、中身はお湯だったそうです。でも、私にはそんなことはわかりません。

最後に濃い原液がドクドクとそそがれている。

漏らすことは許されない。

お嬢は楽しんでいる。

頭の中がグルグルし思考も停止しかけた時、



『もうおしまいね。よく頑張ったわね。出したい?』



ととても優しくおっしゃって下さいました。



『おトイレをお許し下さい』



やっとの思いで、そうお願いできました。

そしてすぐにトイレに這っていきます



『ほら、見ていてあげるから、隠さず全部出しなさい』



DSCN2444.jpg DSCN2443.jpgDSCN2442.jpg



勢いよく噴出し、一区切りつくと、



『まだまだ、入ってるでしょ?手伝ってあげるわね』

そうおっしゃいながら、ヒールの先で容赦なく下腹部を突き刺されます。

DSCN2445.jpgDSCN2446.jpgDSCN2447.jpg



『あぁぁぁ。。。』



この瞬間、、、



自分でも信じられなかったのですが、、、



特に勃○していたわけでもないのですが、、、



逝ってしまいました。



『あらあら、、、もう逝っちゃったの。ヒールが汚れしまったわね』



それだけなのですが、、、

それ以上に何もいわれいないのですが、、、



そのまま、跪き自分が汚してしまったお嬢のヒールの白濁を舐め清めさせていただきました。



『フフフ。。。そうよ。よくわかってるわね。。。』



そう言いながら頭の上からもう一方のヒールで踏みつけてくださいます。



続く


お仕置き10−26その1

こんにちは
久しぶりのお仕置きです
前回から2年以上も空いてしまいました。
その間色々あり、正直、変態をやめようと思っていました。
しかし、同然のことながらそんなことはできるはずもなく、ついにお嬢に連絡をしてしまいました。
お嬢はそんな私のことでも覚えていてくださり、そのことだけでもこれからも、お仕えしていこうと思いました。

今回もいつものコンビニ前で待ち合わせをしてそのままホテルへ移動することになりました。
ホテルまでの道のりを白昼の繁華街を醜い女装を辱められながら移動です。
久しぶりだったため、とてもひどいお化粧になってしまいました。
DSCN2426.jpg 
今回の私なりのポイントは、Gカップブラに透け透けのロンT、ミニスカからのラメラメストッキング。
それに何と言っても、コルセットです。
コルセット初体験なのですが、私のようなおデブタでもウエストを絞れますし、何と言っても狙い通り、バストを強調することができましたので大満足でした。
ウィグはショートにしてみました。がもっと短くてもよかったかも。。。
ちなみに、ブラには豊胸パッドの代わりに食器洗いのスポンジを整形して入れています。
色々試した結果、パッドよりも必要以上に胸を強調できたと個人的には満足しています。
綺麗に見せることが目的ではないのでこれで十分だと思います。
胸の谷間を作れれば、胸元を大きく開ける衣装も着てみたいのですが、なかなかそういうわけにもいかないですね。

いつものコンビニ前に約束の時間5分前に到着です。
時刻は15時ですので、結構普通に人通りもあります。
お嬢が到着するまでの間、身の回りのチェックをしていると、やってしまいました。
ストッキングをビリビリビリ。。。電線レベルでは無い大きな裂け目をひさから足首にかけて。。。
でも、これも考えようによってはいい露出プレイの材料になるなとこの時はなんとなしに思うだけでした。

待ち合わせ時間になっても、お嬢はやってまいりません。
少し遅れるのだなぁ。。。と思い待ち続けました。。。しかし、1・2・3・・・10分以上待った(実際には数分のようでしたが、私にはそう感じました)頃に、ようやくお嬢が現れました。

『お待たせ。。。ずいぶん恥ずかしい格好で待っていたようね。。。みんなジロジロみながら笑っていたわよ』

そう、お嬢はとっくに来ていてコンビニのかから観察していたのです。

『その破れたパンストどうするつもり?』

破ってしまったこともしっかりとみていたようです。でも、その言葉の真意はそんなことではなかったのです。

パーーーーン!
『どうするつもりって聞いているのよ』

というお言葉とともに、ビンタが飛んで来ました。通行人が3・4人一斉にこちらを向いています。

『ごめんなさい。』

思わず謝ってしまいましたが、まだ、意味を理解できませんでした。

『グズな子だね。。。そんな破れたパンストの子を連れて歩けないって言ってるの。』

と言いながら、目線をコンビニに移しています。
そう、コンビニでパンストを買って履き替えるように言っていたのです。

すぐにコンビニへ入りストッキングを購入してトイレで履き替えようとすると、

『ここで履き替えるの』

とコンビニの飲食コーナーを指差しています。
レジからはよく見えるコーナーです。
お客はいませんでしたが、少しためらっていると、

『できないのなら別に構わないけど、、、、どうするの?』

と、すごく残念そうな表情で私を見つめています。

『やります。履き替えます』

とっさにそう言いましたら、とても嬉しそうな表情で

『見ていてあげるから隠さないでね』

とお店に響くくらいの大きな声でおっしゃいました。
当然レジの人も注目しています。
そんな中で、ストッキングの履き替えです。
当然、下着(というほどのものでは無いのですが)も公然に晒されることとなります。
あとで聞かされたのですが、お店の方には話は通っていたようで、お嬢もお客のいないタイミングでご命令してくださっていたのです。
ドキドキしていたのは私だけだったようです。
なんて素敵なお嬢なんでしょう

『履き替えたらその破れたストッキングはどうするの?』

と言いながら、レジの方を見ています。

『レジの人に捨ててもらいなさい』

そう言って足早にコンビニを出てしまいました。
もう、そうするしかありません。

『これ、、、捨てておいて、、、ください。。。』

消え入るような声でレジの方に破れたストッキングを渡しお嬢の後を追いかけます。

少し先で待っていたお嬢

『キチンとお願いできた?粗相があると私が恥をかくんだからね。。。』

きつい言葉ですが、とても嬉しそうにお話しになります。
この声を聞くと、お嬢の指示に従えているんだと実感できます。

そのままホテルへ移動し受付へ。
パネルではなく受付の方に直接頼むタイプです。
このチョイスもいつもながら羞恥心を掻き立ててくれる演出です。
美しく凛々しいお嬢と醜い女装M男。
受付でベランダのある部屋をリクエスト。
この時点で、今から何が行われるのかバレバレです。
ホテル黙認の露出プレイへの期待が高まります。

受付後エレベータに乗り5Fへ

エレバータを降りると1組のカップルが、首輪に繋がれて待っていました。
もちろん、繋がれているのは男性の方です。
お嬢は軽く会釈をしてそのまま部屋へ。

『今の娘、知り合いの女王様なんだけど、プレイ終わってからも首輪つけたままで帰らせるんだって』

お前もしたい?とは言いませんが、そう言われているように聞こえます。
私的には私の気持ちなど聞かずに、お嬢の思いのままのプレイをしていただければ、満足なのですが、
なかなかそうはいかないのが現実です。

部屋に入ると今まで長い間会いに来なかったことをお詫びしました。

『その間、他のお店に行ったりオナニーしたりなんかしてないわよね。まぁ、嘘ついたって調べればすぐにわかることだけど。。。』

そういいながら身体検査です。
DSCN2429.jpg 
DSCN2430.jpg
DSCN2431.jpg
先ほど履き替えたストッキングも破られながら、まずは下半身の検査です。
DSCN2432.jpg DSCN2433.jpg

『いつもながら、一体何が入っているの?さっきからブーブーうるさいんだけど』

といい
スカートを脱がされました。

DSCN2434.jpg 

『ほんと、変態だね。一緒に歩いてる私が恥ずかしいわよ』

やはり嬉しそうです。ほんとに幸せなお言葉です。

『ちゃん検査しないといけないわね。そこに横になって足を開きなさい』

DSCN2435.jpg

横になると私の股間の粗末なものをヒールでグリグリと踏みつけてくださいます。
 DSCN2436.jpg

『アァァァ・・・』

思わず声が漏れてしまいます。

『こんなことされてなに感じてるの。この変態』

容赦無く罵ってくださいます。
ハサミを取り出し、私の目の前に持ってきて見せながら

『その汚い粗末なものは必要ないでしょ?』

そう言いながら股間の方へ。。。
DSCN2437.jpg 
そんなことはないと思いながらも、少し恐怖を感じるくらいの迫真のセリフです。

ジョキジョキ・・・
ショーツを切り裂きながら・・・
いつ股間のものへ来るのかと、正直ビビりました。
ボールの袋に刃を当てながら、ピタピタと楽しんでいます。
DSCN2438.jpg

『ほんといつもいつも何個つけているのかしら?』

今回は
アナルにローター4つ、
竿(というほどのものではありませんが)にミニの強振動のローターを合計4つ
つけていました。
DSCN2439.jpg 
正直に告白しましたが、当然そのまま信用されることなどありません。
あなるの物だけ取り出して

『奥の方まで検査しないとね』

そういい、あなるに指を突っ込んでくださいました。
DSCN2440.jpg 

『まだ、奥に何か隠してるんじゃないの?』

『隠していません』

『嘘ばっかり。。。調べればすぐにわかるんだから。。。』

そういいながら、お風呂の方で準備が始まりました。
DSCN2441.jpg 

続く。。。

※今回は最後までキチンとレポしますので、しばしお待ちください。

お仕置き予約しました

こんにちは
お久しぶりです。
ここ数回レポートが最終回を向かえずに尻切れとんぼで申し訳ありませんでした。
さて、久し振りにお嬢にお仕置きをしてもらえることになりました。
どんなお仕置きが待っているのか想像するだけでワクワクしてしまいます。
今度こそきちんとレポートしますので、
ご期待ください。
このレポートはお嬢も見てくださっていて、楽しみにしているとおっしゃっていましたので、是非是非続けたいと思っています。

お仕置き12-02 その2

その後、ホテルまで引っ張られながら移動し、
ロビーで受付をしてくださいます。
その間私はお嬢の後ろでフロントから隠れるようにしていました。
すると、私のリードを引っ張ってフロントに向かい
『こんな格好でもかまわないかしら?』
とお尋ねになられます。
困惑しているフロントの方を気にせずに私に向かっても
『お前からもしっかりお願いしないと、そのまま外に放り出されるよ』
とおっしゃいます
わしは
『こんな私ですがよろしくお願いします』
とフロントの方にお願いします。
その時初めて、フロントの方は私が女性ではないと気付かれたようです。
それから、お嬢と私を交互に見ながら、部屋へ案内しえくださいました。
2階の川側の部屋です。
部屋に入るとまず窓を全開にされました。
お昼時の繁華街が窓の外に広がっています。
窓の外は、多くの人が行き来しています。
外の会話がはっきりと聞こえるくらいの距離です。

部屋に入ると早速身体検査です
『そこに座ってスカートをめくりなさい。隠しているものが何か正直におっしゃい』
Image00001_20151222142227021.jpg

そうおっしゃりながら、股間を探り出します。
Image00002_2015122214222986c.jpg
Image00003_20151222142230448.jpg

『お尻を突き出して』
Image00004_20151222142232777.jpg


『まだ、何か隠しているようね。そこに横になりなさい』
とベッドを指して言われます。

ベッドに横になると縄を取り出し、手際よく足を拘束していきます。
全開の窓の手摺に固定していきます。
Image00005_2015122214222692f.jpg
Image00006_2015122214224652a.jpg
Image00007_2015122214224897c.jpg


『もうこれで動くこともできないわね。向かいのビルのオフィスからOLさんがこっちを見てるわよ』

その時は脅かしで言われているのだと思っていましたが、
それは脅かしでもなんでもなく、リアルに見られていました。

お昼休みにオフィスの窓から見えるラブホテルの窓が全開になっているのですから、
当然といえば当然の結果です。

『ほらほら、もっとみんなに見せてあげないと。』
そう言いながら、ストッキングを破りはじめ、股間が露になってきます。
Image00008_201512221422496d5.jpg
Image00009_201512221422514ae.jpg

『こんなにローターをつけて、さっきのコンビニでも音がいっぱい響いていたわよ。どんな気持ちだったの?』
と聞かれました。
私は
『とても恥ずかしかったです』
とお答えすると、
『恥ずかしいと言っているのに、どうしてここはこんなことになってるのかしら』
と股間をまさぐりながら、おっしゃり、そのまま、アナルに指を突っ込まれました。

おもず、
『うっ!!!』
とうなり声をあげてしまいました。

『どうしたの?お尻でも感じる変態ですって言ってごらん』

言われた通り言いますが、何度も声が小さいといいなおさせます。
何度も何度も言い直している間にもアナルへの責めを続けています。
窓の外の声もはっきりと聞こえてきます。
おそらく外へははっきりとは声は伝わっていないのでしょうが、
お嬢は
『窓の外まではっきり響いてるよ。みんなこっちを不思議そうに見上げているわね。
オフィスのお姉さんたちもこっちに向かって写メし始めたわよ』
などと羞恥心を煽りつづけます。

『アナルに何か入っているようだけど、検査しないとね』
とお浣腸の用意をされます。

『今日は、少し多めに入れてあげる。』
と言われたのですが、洗面器にはお湯が半分くらいしか入っていません。
おかしいなと思う間もなく、理由がわかりました。
お嬢のお荷物の中から、グリセリンのボトルが何本も出てきました。
『まずは2本くらいなか』
といい洗面器に惜しげもなくボトルを2本ドボドボドボと注ぎたします。

『しっかり数えるのよ』
とガラス浣腸器をアナルに当てながら言われます。
いつもは100ccか200ccの浣腸器で一気に入れていただくのですが、
今回は50ccの物を使われました。
『1つ』
『2つ』
『3つ』
・・・・・・
順調に挿入されていきます。
『10』
このあたりから、おなかがぐるぐる言い出します。
でもまだ耐えれる程度です
・・・・・・
『15』
『16』
・・・・・・
『20』
約1000cc入りました。
さすがに苦しくなっています。
『お願いします。苦しいです。おトイレに行かせてください』
そう懇願しました、が、実際はまだ少し余裕があったのです。
しかし、そんなことはお嬢はお見通しで
『まだ、半分も入っていないのにおトイレだなんて。ダメに決まってるでしょ。
最後まで全部入れるのよ』
そういいどんどん入れ続けます。
『21』
『22』
・・・・・・・
限界が近づいてきます。
『30』
・・・・・
『もう・・・・ダメです・・・・お願いします』
さすがに限界値だと思いました。
『そう、じゃあ、行ってらっしゃい』
以外にもあっさりお嬢は許してくれました。
しかし、そう甘いものではありませんでした。
『縄を・・・解いてください・・・・』
そう、緊縛されていますのでこのままでは動けません。
『あら、おトイレは行っていいのよ。勝手に行ってらっしゃい。
縄は全部入れてから外してあげるから』
そう悪魔のようなお言葉を投げかけられるのですが、
終始楽しそうに天使のような笑顔を振る注いでくださいます。
その笑顔を見るだけで幸せな気分にさせていただけます。

そうおっしゃうと、容赦なく次々と入れていかれます。
『31』
『32』
・・・・
『40』
もう限界はとっくに超えています。

『よくがんばったわね。あと少し残ってるので大きいので全部入れてあげる』
そういい、200ccの浣腸器を取り出して残りの液を全部入れてくださいました。
最後に空気を200cc挿入して、
『縄をほどいてあげる』
とようやく解放してくださいます。
ゆっくりゆっくりと解きながら

『こんなところでもらしたら、全部なめてっきれいにさせるからね。
もしかして、そうしたかったかしら。。。』

終始笑顔で、私の苦痛にゆがんだ顔を楽しそうに眺めています。

ようやく解放され、立つこともできない私は4つんばいでトイレへ駆け込み

『おゆるしください。。。で・・・出ます』

『お出し。思いっきり叫んでお出しなさい』

そのお許しの声と同時に大量の汚物をぶちまけるのでした。
Image00010_20151222142245ac8.jpg
Image00012_20151222142304ef0.jpg
Image00011_20151222142302136.jpg
Image00015_20151222142301f67.jpg

つづく
プロフィール

MみなみM

Author:MみなみM
下着女装と浣腸M男です。
辱められたい
見られたい願望。
最近拡張にも手を出し始めました。

いろいろな変態体験をレポートしてみます。

※これらのストーリーはすべて、私の妄想です。

コメントのこしてくださいね。

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。